名言・格言集
プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
LOVE:手紙を書くこと、本&雑誌、旅行、散歩、音楽、スポーツ観戦、ブログ巡り、スタバ☆、スウィーツ、料理、動物、考え事をすること、ボーっとすること、雑貨、チョコレート etc.

好きな言葉は、「初心(しょしん)忘るべからず」、「何をするべきかよりも、とりあえずは楽しむこと!」、そして、スペインのことわざ「優雅に生きることが最良の復しゅうである」。

<私の最近読んだ本たち>

アクセスランキング
アクセスランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

<< フィンランド&エストニア旅行(2013年・5日目) main フィンランド&エストニア旅行(2013年・3日目)後編 >>
フィンランド&エストニア旅行(2013年・4日目)
2013-09-28-Sat
午前中に、夫のお友達が遊びに来てくれました
夫の友人に会うのは、実は初めてだったりします。
それにしても、誰かお客さんを自宅に呼ぶというのはいいですね。
なぜかと言うと、掃除をするから(笑)。


旅行記の続きです。


<4日目>エストニア(タリン)→フィンランド(ヘルシンキ)


この日は、再びフェリーでヘルシンキに戻ります。
5時15分に起き、朝食はパスしてホテルの目の前のターミナルへ。
月曜日なので、来た時(土曜日)よりもかなり空いていたように思います。
簡単に席を確保できて、本を読んだりしていたらあっという間にヘルシンキに着きました。


港からはトラムでとりあえず駅に行こうと思い、トラムの運転手のおばちゃんからチケットを買ったのですが、この時トラブルがあって朝からすごく不愉快な思いをしました。
簡単に書くと、この運転手さん英語があまり得意ではなかったらしく、チケットを間違えられて、「これではないでしょ!」とその場ですぐに指摘したのに「Sorry...」の繰り返し(全然sorryっぽくない表情でしたが)で押し切られてしまった
しかし、自販機で買わなかった私も悪かったと今は反省しています…。
長蛇の列だったので、つい。


駅に着いて、地下鉄でハカニエミにあるホテルに行きました。
途中、チケットチェックで警察の人にチェックを受けました(違反はしていないのに、ちょっとドキドキ!)。
ハカニエミ駅で降りて、目の前がホテル。
方向音痴の私でも、すぐにわかりました

このホテル、大正解!
受付のお姉さんがとても感じが良く、そしてまた部屋が素晴らしい


フィンランド&エストニア旅行(2013年・4日目)1


いかにも北欧風で(当たり前か)、落ち着きがあって、インテリアとか配置を私も取り入れてみたいと思いました。
ホント、口コミ通りだなぁと感動。
冷蔵庫とティッシュがなかったのが残念だったけれど、物価の高いフィンランドで、この料金(一泊14,000円)でこんなに綺麗なホテルに泊まれるなんてびっくりです。


11時少し前に、ハカニエミ市場に行き、マリメッコや他の雑貨屋さんを見て回った後、お目当ての有名なスープ屋さん”スオッパケイティオ”でランチ。
お店のお姉さんにオススメを訊いて、魚介類のスープ(9ユーロ)を選びました。


フィンランド&エストニア旅行(2013年・4日目)3 外観ではそう見えないけれど、こちらがハカニエミ市場。


フィンランド&エストニア旅行(2013年・4日目)2 待ちに待った魚介スープ!


薄味のようでこってりしていて、とてもおいしかったです。
しかも、パンは食べ放題!
スープ、かなり頑張ったけれど、どう考えても3人分ぐらいあったので完食は無理でした
お客さんは、日本人の女の子もいたけれど、地元人っぽいおじさんや女の子達もいました。


その後、お腹いっぱいで苦しみながら、アラビアファクトリーショップとマリメッコアウトレットへ。
マリメッコアウトレットは、外観が地味な感じで驚きました。
お昼に食べ過ぎたので、この頃気分が悪くなり、よろよろとホテルに戻りました。
少し休んでから、再びアラビアファクトリーショップに行き、さんざん迷ってからPENTIKというブランドのB級商品のお皿を2枚購入しました。


20時近くにトラムでハカニエミまで戻り、スーパーに寄って夕食のサンドイッチとヨーグルトを買いました。

フィンランド&エストニア旅行(2013年・4日目)4

サンドイッチは1つ入りでもボリュームたっぷり、ヨーグルトは相変わらず美味でした

それにしても、このホテルは素晴らしい
トイレもシャワーも使いやすく、もちろん清潔で気持ち良かったです。
次回も是非泊まりたいなー。


いつも読んで下さってありがとうございます。
お読みいただきましたら、1日1クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



traveling cm(0) -
Comment
 

| |