名言・格言集
プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
LOVE:手紙を書くこと、本&雑誌、旅行、散歩、音楽、スポーツ観戦、ブログ巡り、スタバ☆、スウィーツ、料理、動物、考え事をすること、ボーっとすること、雑貨、チョコレート etc.

好きな言葉は、「初心(しょしん)忘るべからず」、「何をするべきかよりも、とりあえずは楽しむこと!」、そして、スペインのことわざ「優雅に生きることが最良の復しゅうである」。

<私の最近読んだ本たち>

アクセスランキング
アクセスランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

<< 【postcrossing(received)】No.349 main 2月に届いた北中南米からのお手紙(その1) >>
2月に届いたヨーロッパからのお手紙(その2)
2013-04-21-Sun
2月16日。
ドイツのGから。
ドイツから6日で到着。
切手は、初めて見たこちらの2枚。

ドイツG20132

ドイツの横長切手って、珍しいですね☆



とはポスクロがきっかけで知り合いました。
は60歳で年齢がかなり離れているのですが、文通してみたいと思ってからの文通お誘いメールに「よろしくお願します!」と返事を送りました。
週に2、3回、公共図書館のブックショップで働いているそうです。
美術館ではなく、図書館にそういったお店があるのですね。



Gは綺麗な写真のカード(多分、手作り)に書いてきてくれました

ドイツG201322






2月16日。
ポルトガル領マデイラ島のTから。
マデイラ島から6日で届きました。


「日本はクリスマスがお休みではないということに、とてもびっくりしたわ」と、
マデイラでは、例えキリスト教徒ではなくても休みなの」と書いてありました。





2月18日。
スイスのTからお返事が来ました。

少しお久しぶりです。
色々と忙しかったみたい。
11月にアメリカに(4週間も!)行っていたそう。
向こうでは家を借りて過ごしたと書いてありました。


Tの職場は20日の有給休暇があって、必ず取得しないといけないそうです。
「あなたは40日有給があるのに、どうして取れないの?」と質問されました。
20日は翌年に繰り越しできるとはいえ、あと20日全て休めるかというと---確かに休めません。
説明しなくては
日本の有給休暇の話をすると、欧米のペンパル達はとても不思議がるのですよねー。




同日、キプロス在住フィリピン出身のAから。
キプロスの2月の気温は、16~18℃。
雪は降らないそうです。
キプロスの情報ってあまりないので、Aに色々教えてもらっています。

そして、故郷のフィリピンのことも教えてくれます。
フィリピンのバレンタインデーは、男性が女性にチョコレートとお花を渡します。
欧米と一緒ですね


いつも読んで下さってありがとうございます。
お読みいただきましたら、1日1クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



ヨーロッパのpals cm(0) -
Comment
 

| |