名言・格言集
プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
LOVE:手紙を書くこと、本&雑誌、旅行、散歩、音楽、スポーツ観戦、ブログ巡り、スタバ☆、スウィーツ、料理、動物、考え事をすること、ボーっとすること、雑貨、チョコレート etc.

好きな言葉は、「初心(しょしん)忘るべからず」、「何をするべきかよりも、とりあえずは楽しむこと!」、そして、スペインのことわざ「優雅に生きることが最良の復しゅうである」。

<私の最近読んだ本たち>

アクセスランキング
アクセスランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

<< 【postcrossing(received)】No.312 main 過去にもらったバースデーカード(その3) >>
12月に届いた北中南米からのお手紙(その1)
2013-02-26-Tue
毎週月曜日、欠かさず見ているBS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」。
昨日は、スウェーデン・イェーテボリでした。
スウェーデン第二の都市ということなのですが、落ち着いたあまり派手さのない(つまり、地味??)街でした。
スウェーデンのパルへの手紙に、イェーテボリについて書いてみようと思います。


中南米から12月に届いたお手紙です。


12月12日。
アンティグア・バーブーダのOから。

11月1日は、独立記念日だったそうです(なお、アンティグア・バーブーダイギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国)。
伝統料理を食べたり、家族や親戚や友人と会ったり、ローカルフードを買ったりすると書いてありました。

それから、アメリカの大統領選についても熱く語ってくれました。
はオバマ氏を熱烈に支持しています。


封筒の切手はこちら。

アンティグアO201212





12月28日。
カナダのEから、お返事とクリスマスカードが届きました。


クリスマスについて教えてくれました。
たくさんのパーティーがあって、24~26日は家族で行き来するそうです。
特に、24日か25日に家族でディナー(七面鳥、ミートパイ、ポテト、サラダ)が多いとのこと。
デザートは、伝統的なアイスケーキということなのですが、どんな感じなのでしょうね。

ケベック州に住んでいて、やはりフランスの影響があり、他の地域とはちょっと違うみたいです。
24日の夜、子供たちはサンタクロースのためにクッキーやグラスにミルクを注いで置いておきます。
翌朝、起きるとサンタさんからプレゼントが届いているそう。

でも、ケベックでも昔からの伝統はどんどんなくなってきていると書いてありました。


いつも読んで下さってありがとうございます。
お読みいただきましたら、1日1クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



北中南米のpals cm(0) -
Comment
 

| |