名言・格言集
プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
LOVE:手紙を書くこと、本&雑誌、旅行、散歩、音楽、スポーツ観戦、ブログ巡り、スタバ☆、スウィーツ、料理、動物、考え事をすること、ボーっとすること、雑貨、チョコレート etc.

好きな言葉は、「初心(しょしん)忘るべからず」、「何をするべきかよりも、とりあえずは楽しむこと!」、そして、スペインのことわざ「優雅に生きることが最良の復しゅうである」。

<私の最近読んだ本たち>

アクセスランキング
アクセスランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

<< ダイソーのクリスマスシール(ディズニー) main 【postcrossing(sent)】No.272&No.273 >>
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
8月に届いた北中南米からのお手紙(その2)
2012-11-11-Sun
8月11日、セントビンセント・グレナディーンのCからファーストレターのお返事が来ました。
セントビンセントから12日で到着です。


いつ私から出したか忘れたのですが、時々メールはもらっていました。
正直、もう手紙は来ないだろうと思っていたら届いてびっくりしました。

消印は7月31日なのに、手紙に書いてある日付は6月12日。
中南米の人(少なくとも、私のパルやパルだった人達)は、全般的にかなりのんびりしています。
1年以上経って、「遅くなってごめんね~」と何事もなかったかのように(そして、特に遅くなった理由もなく)返事が来ることも多い



そして、中南米で多くみられる切手の貼り方でした(笑)。

セントビンセントC切手20128


そう、重ね貼りです
一応確認しましたが、もちろんのり切手や使用済み切手ではないです。
しかし、日本では考えられない貼り方ですね…。


手紙をもらってすぐに返事を出したけれど、果たして今度はいつ手紙が届くのか。

いつも読んで下さってありがとうございます。
お読みいただきましたら、1日1クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
北中南米のpals cm(0) -
Comment
 

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。