名言・格言集
プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
LOVE:手紙を書くこと、本&雑誌、旅行、散歩、音楽、スポーツ観戦、ブログ巡り、スタバ☆、スウィーツ、料理、動物、考え事をすること、ボーっとすること、雑貨、チョコレート etc.

好きな言葉は、「初心(しょしん)忘るべからず」、「何をするべきかよりも、とりあえずは楽しむこと!」、そして、スペインのことわざ「優雅に生きることが最良の復しゅうである」。

<私の最近読んだ本たち>

アクセスランキング
アクセスランキング
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

<< フランスへ★ファーストレター main 【postcrossing(received)】No.102 >>
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
外国の名前(ドイツ編1)
2012-02-09-Thu
ダイエット中のあやっぺです。
お菓子減らして、頑張っています☆



ドイツ名前1



私は本に携わる職に就いているのですが、最近扱った本で、興味深いものを見つけました。


ドイツ語のしくみドイツ語のしくみ
(2005/04)
清野 智昭

商品詳細を見る



『ドイツ語のしくみ』 清野智昭 著
という本です。


この本の中に、「1960年代に生まれた、ドイツの女性に多い名前ベスト10」というのが載っていました。



1.Sabine(ザビーネ)
2.Petra(ペトーラ)
3.Susanne(スザンネ)
4.Birgit(ビルギット)
5.Gabriele(ガブリエーレ)


以下、Martina(マルティーナ)、Andrea(アンドレーア)、Ute(ウーテ)、Heike(ハイケ)、Bettina(ベッティーナ)…などがあります。



1960年代に人気のあった名前、ということですが、見覚えのある名前ばかり!
60年代生まれといえば40代だと思われますが、30代以下でもよく見かけます。
ドイツにペンパルがいらっしゃる皆さん、同意していただけるのではないでしょうか。


今、私が文通しているドイツ語圏のペンパル(20代、30代含む)もこれらの名前の人がいるし、以前文通していた人達にもたくさんいました。

ポスクロの相手、FB(フレンドシップブック)、そしてテレビや雑誌などでも、これらの名前のドイツ語圏の人をしょっちゅう見かけます。



この本によると、ドイツ人は2つ以上の名前を持っていることも多いのだか。
元は、2番目の名前は洗礼名だそうです。
最近では、祖父母の名前、そして特に意味はなくつけられる場合もあるみたいですよ>2つ目の名前


こういった名前の話題、パルへのお手紙に書くといいかも知れませんね。
盛り上がるかも~♪
私も、今度書いてみようと思います。


いつも応援して下さってありがとうございます。
お読みいただきましたら、1日1クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
penpalling cm(2) -
Comment
 

NoTitle

こんばんは。

私のドイツのペンパルの名前も入っていました。
面白いですね!
最近、日本では変わった名前のこどもが多いですけれど、外国から見るとどう思うんでしょうね?

この本を書かれた清野先生って、今、NHKラジオでドイツ語講座やっている人です。
聞いたことないけど・・・。
でも、ドイツのペンパルに挨拶くらいは、ドイツ語で書いてみたいな~という憧れはあります。

それではまた。

みほさんへ

こんばんは、みほさん。
コメントをありがとうございます。

この本を読んだ時、あまりにも知っているドイツ語圏の名前がたくさん入っていたので、思わず笑ってしまいました(←決して悪い意味ではなく)。
多分、今まで文通や仕事等で関わったドイツ語圏の女性達の名前が全部入っていると思います。

日本は、世界でも名前の種類が多い国だと聞いたことがあります。
名字もファーストネームも…。
外国でも通用する名前を、ということで、欧米風の名前も多いですよね。
今度、どう感じるか欧米のパルに訊いてみようかな。

著者の清野さんは、ドイツ語講座の先生をされているのですか!
この本、ぱらぱらとめくりましたが、コラムがすごくわかりやすく楽しかったな i-261
他にも、フランス語やドイツ語などを見たのですが、清野先生のこのドイツ語本が一番面白かったです。

| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。